PSO2 灯影亭

ship8の片隅で細々と活動するチーム灯影亭。マスター日々鷹のブログです

日本酒を熱燗で。おでんと一緒に食いたい

2018年03月

秋断NT

先日もチラッと話しましたがパルチ新調しました。

秋断NT 
pso20180315_202606_019

採用SOPはS1剛撃 S2輝剰 S3剛撃です

S2が舞に乗るため、PP回復量が伸びて良い感じ。パルチは上手く舞を挟まないとPPの枯渇が激しいですが、逆に舞を挟めればPPのリカバリーも早いです。

Hu全体に言えることかもしれませんが、ジャストガードでのPP回復が命綱。

チャージパリングも受付時間が良くわからないレベルで伸びているので、レイドボスではヴォルグラプターをガード代わりに合わせてやるとPPを回収しつつ殴れて良い感じ。

現在の常設キャンペーンである幻惑の森のような混戦では、チャージPAを選択すると勝手にPPが回復しているので楽しいです



今回アトラ以外で二本目のSOP武器となりましたが、SOPは継承が楽なのも強みだと思いました。

今回はS1の剛撃とS2の輝剰を因子から引っ張ってきたため、本体も合わせて★13を三本強化しました。暫く武器強化はしていなかったので、ノクス+30の在庫はそれなりにあったのですが、今回ので完全に枯渇。

次回強化時からは秋断本体を食わせてしまえば解決する部分があるため、その点は明確な強みになると思います。

つまり、「すべてを過去にする」武器が来てしまったとき、以前の武器を完全な遺物とせずに新たな武器へと繋いでいけるのは優れた部分だと。

まあそんな武器が来る頃にはまた別のSOPが主流になっていそうな気もしますが……

アークスの本質

PSO2は設定の適当さに定評があるので、あまり真面目に突っ込む気は起きないのですがたまにはこういうのも。

「アークス」という組織にみなさんはどういったイメージを持っているでしょうか?
「正規軍」「傭兵集団」「ならず者」・・・

そもそもARKSとは何の略なのでしょうか?

一応ARKSの正式名称らしきものについてはロビーで確認することが可能です。
pso20180312_210306_000

ロビーの見慣れたアークス紋章。ここにアークス文字でその正式名称が記されています。
wiki曰くで申し訳ないですが、英語で表すと Artificial Relict to Keep Species。Relictはあまり見ない単語ですが残存生物(所謂生きた化石)を指す言葉のようです。直感的に訳すなら「人工的な種保存のための残存生物」でしょうか。



そもそもアークス自体がフォトナーによる対ダーカー生態兵器。アークスとは、フォトナーに変わってフォトンを操り、ダーカーを打ち倒す為のモノ。
ダーカー、ダークファルスへの、或いは深遠なる闇へのカウンターとして「デザイン」された種族です。

人体改造、遺伝子操作、クローン、サイボーグその他諸々、倫理の欠片もない闇が我々アークスの根源なのです。(試験管ベイビー程度なら周知の事実らしいですが)こういった意味では「人工的な残存種」とは実に的を射ているのかもしれません。


ですがご存知の通り、フォトナーは殆どが絶滅。残った内の一人もDFへ落ちました。
現在のストーリー上でフォトナーは、武器に入っている人が一人だけ。全ての始まりであった惑星シオンも失い、アークスはその本来の目的を果たすことが永遠に無くなりました。

そうです、フォトナーの道具であったアークスにはもう使い手が残されていないのです。

(帝国もジェダイも死に絶えた後のクローントルーパーみたいな)


ARKSという言葉には実はもう一つ意味があります。Ark、すなわち「箱舟」に由来するものです。

箱舟とは恐らく、神話に語られる「神を信じていたノアという男が、神に命じられて丘の上に箱舟を作った。そこにノアの家族と、あらゆる生物のつがいが乗り込み、それ以外の全てを神は大洪水で押し流してしまった」というノアの箱舟に由来するものでしょう。

その箱舟は果たしで誰の為だったのでしょうか。ダーカーに侵攻される原生生物?創造主たるフォトナー?それともアークスたち自身?すでに問と答えは失われているように思えてなりません。


アークスには既に帰る星がありません。彼らに残されたのは、ダーカーという絶対悪と題目上の使命だけ。

アークスとは、どこか虚しさと悲しみを秘めた種族なのかもしれません。

パルチザンを更新したい話

たまには日記風のどうでもいい話を。

普段はサブクラスとして使うことが殆どなHuですが、報酬期間にHrついででソードを更新したため、緊急でも使ってみることにしました。ソードはクリファドが作ってあるのですが、パルチザンがアストラで止まっており、せっかくなので武器更新を考えています。

タイミングよく実装された今回のシート品であるストラジオシリーズは、分かりやすく強力でS1も採用可能だったためメインHu用パルチザンの更新を考えていたのですが……
75

秋武器NT揃っちゃいました

前にもちょっと触れましたが、わりと強武器になりつつある秋武器NT。S1~3と汎用性が高く、カスタムの選択肢が多いので悩みどころです。

個人的にパルチはヴォルコンを主軸に動かす立ち回りが好きなので、PP系をいくらか補ってやりたい所。S1とS3を安めに剛撃で済ますとして、やはりS2に光子縮減が欲しくなっていしまいますが……高いんですよねアレ。

パルチでやる上なら、S2輝剰の撃も相性は悪くないと思うのでとりあえずそちらで作ってみて、しばらくは振り回したいと思います。

スタンス両立型Brツリーの考察

最近使っているBrHuのカタナツリーを紹介します

昨今のアップデートでのBr変更点はざっくり上げると

  • スタンスアップ系スキルの必要ポイント緩和
  • スタンスクリティカル系スキルの必要ポイント緩和
  • 刀通常の火力向上
  • バニッシュの大幅な弱体化
  • 弓PAの全体的な上方修正
  • カタナ・弓のPP回収率向上

といった感じです

もう一つ上げるとすれば、バニッシュ弱体化の余波と弓PA強化でバニッシュ+カミカゼアロウ×2が大幅な弱体化を食らったことです。これによってEP4でのボス戦では弓を握るBrHuという図式は崩れつつあり、対単体戦ではカタナが運用されることが増えてきました

今回は既存の遠近両立ツリーを改良した、両スタンス切り替え式カタナBrのツリーを紹介します


なおこのツリーは、★14アトラバルアにS3:妙撃の志 を採用し、なおかつレイドボス相手に火力を伸ばすことを前提に作ったツリーなのでHu側でクリティカル系スキルを取っています。

atorabarua
Br
subHu

ツリーはこんな感じ。画像クリックでシュミレーターへ飛びます。
カタナ系スキルと、両スタンスを取り、弓系は最低限に抑えた形です。カタナ側でコンバットフィニッシュを多少妥協しているので、アタックアドバンス辺りを削って回すのもアリでしょう。

各スタンスの倍率はアベレージ139%ウィーク163%となります(両方ともスタンスチャージ込み)弱点が攻撃できる状況であれば、ウィークが倍率で大きく勝っていることが分かると思います。

特に目下仮想敵であるエリュトロンドラゴンは、ラコニウム出現後はすべて弱点への攻撃が前提となるため相性は良好。アップデートでスタンス切り替えがサブパレット一枠で可能かつガッツポーズも廃止されたため、戦闘中であってもスムーズなスタンスのスイッチが可能となりました。このため他のボスについてもダウン時のみのスタンス切り替えで対応可能です。

Br側ではスタンスを二種取得する都合、クリティカル系スキルが取得できません。しかし、裏のHuツリーでフューリークリティカルを取得し、R/Cストライク打撃リングを採用することで

25(Fクリティカル)+20(Cストライク)+5(もともとのクリティカル率)+50(カタナギア開放時効果)=100% のクリティカル率を実現できます

火力的には、ドリンク込み打撃3500でギア開放時エリュトロンドラゴンへサクラ零+ゲッカがだいたい10万ぐらい

Hrと違って被弾をある程度気にせず立ち回れることを加味すれば、何とか及第点は貰えないでしょうか?いや及第点ください。

今後85へのレベルキャップ開放で、既存クラスの火力向上は確約されているのでこういうのもアリなんじゃないでしょうか

宣伝

icon


最近こんなのも書いてます。Steamゲーを中心に感想を書いたりしていく予定です。

暇で暇でしょうがなくて、あまった通信量を無意味に埋めたい時などにどうぞ


嘘ですやっぱり読んでもらえたら嬉しいです

リンク
PSO2 Ship8の片隅で生きる、チーム灯影亭マスター日々鷹によるブログのような何かです

何かご連絡あればメッセージフォームかTwitterにどうぞ
PSO2ブログランキング
ギャラリー
  • Brツリーとか考察 (EP5 後期版)
  • Brツリーとか考察 (EP5 後期版)
  • Brツリーとか考察 (EP5 後期版)
  • Brツリーとか考察 (EP5 後期版)
  • Brツリーとか考察 (EP5 後期版)
  • Brツリーとか考察 (EP5 後期版)
  • Brツリーとか考察 (EP5 後期版)
  • Brツリーとか考察 (EP5 後期版)
  • 久々の豪運の話とか
八鯖の小規模チーム「灯影亭」マスター。 紙袋の不思議な魅力に魅了されて以来、紙袋を被り続けている。 プレイスタイルはまったり勢
PSO2 ブログ巡回屋
PSO2ブログ巡回屋
カテゴリー
RSS
Powered by RSSリスティング
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ